2019年とはなんだったのか

なんだったんでしょうね…

身分の変化について

とうとうマジで学生が終わって社会の身分となった。随分長い間(といっても周りにはより長い人間もいるので感覚が狂う)学生をやったので現実感がなかったが、当然ながら終わりは来るなとおもった。特に終盤(B4〜M2)は完全にモラトリアムをやったので(なんならB1,2とかより自由時間が多かったかもしれない、特にコミュニティに参加していなかったことが大きい)、おそらく人生の最後の夏休み期間として記憶に残り続けると思う。無みたいな研究をしたのは申し訳ないが、まあ卒業は成したので許されたと思いたい。この期間で創作という行為を憧れから趣味のラインまで持ってこれたという感じがしていて、そのこと自体が間に合ったのはよかったな、と思う。

社会について

就職をした。厳しい会社だったら一瞬でやめて実家で漫画家でも目指すかと思っていたが(その割にわりと家財を最初に投資してしまったけど)、今の所直近そういう予定はなさそう。つまりパッと見地獄ではなかったと思う。もちろん楽園でもないが、世界に楽園などないので。

事業内容に興味があり、多くの社員の趣味とも親和性があるのでそういう意味で良いチョイスをしたな、とは思った。コミュニティ活動はそれなりに元気に行った気がするのはサークル時代の初期を思い出す。詳しくは創作についての欄で。

技術について

まあわかっていたけど、まだ前線の実力ではないな、という感じ。三年前の杵柄で息くらいができているという表現が正しそう。

技術力とは別に生来の雑さがそれはそれで課題だなあということも三年ぶりに思い出した。拙速〜という言葉はやる側が言うもんではないと思うので、来年は意識的に逆振りするくらいにしてみたい。もちろんシステムで防げるような提案も可能ならやりたいが。

多分近いうちまたリセットの機会があるので、それについてのアプローチを話し合う必要がありそう。ずっとわかってなかったSQL、フロントエンドに触れるきっかけになったのはよかった。

創作について

本当を言うとこれだけが本質で、良い漫画が描けていれば社会も技術もゴミでもおそらく肯定できるんだけど、逆もまた然りで2019年は創作についての成果が芳しいものとは言えなかった。ので個人的には2019年はダメだったということになる。

去年(一昨年)の冬に描きかけた本がやっぱりしんどくて途中で投げ出してしまったり、コミケに落ち続けてリズムが作れなかったりと順調だったとは言い難い。一応意地で一冊、小さいものは歌姫で出した。これをやったのは偉くて、一年に一冊も出さなかったということになったら完全に自分を許せなくなってしまったと思う。

もちろん使える時間が学生時代とは全然違うというのはある。一日八時間(!!!!!!!!!!)の労働もあるし、またいくつかのコミュニティにも属することにもなった。が、そもそも残りの時間をフルで使えてるかというとまあそうではなく、学生のころくらいの活動濃度でやってしまっているな、と思う。社会人で創作をやるということは使える時間は本当に集中しないといけないことがわかっていなかった。

加えて表現力、構成力について頭打ちを感じていて、インプットの必要性を感じている。無から出発してやればやった分だけというのを2,3年続けていったが、基礎ではなくてアウトプット重視でやっていたことの代償を払う時期が来ているように思う。といってもインプットが下手くそなのでそれによる足踏み感と戦うことにはなりそうだが、このまま描けるものを描いているだけだと終わりだなと思うので、良いサイクルを構築する必要がありそう。

良いこととして、委託デビューできたことと、社内のコミュニティー活動を盛んにできたことが上げられる。それが仕事にもつながったこともあり、やってよかったことではあった。インプットをうまいことこのコミュニティ活動を兼ねられるようにやっていく必要がある。

以前少しだけフルタイムで働いたときは完全に創作とか問題外だったんだけど、2,3年の習慣作りによって活動を継続すること自体には成功した。偉業と褒めたい一方で、最低限の話でしかないので今年は明確な成長を目的としたい。

歌姫の反省

振り返り。正直ブログにするよりそれっぽいツールを使ったほうがいい気がしている。

K

  • 出した
  • 初めての印刷方式に挑戦した

P

  • 納期に余裕があったにも関わらずだらだらサボったりして結局ゴミみたいなのになった
  • 表現力が頭打ち担ってモチベーションが地
  • 脚本が練りきれなかった

T

  • inputを日課にする(後記参照)
  • 原稿機関はゲームを封印する(本質的な解決ではないけど)
  • 隔週の集まりもoutputの機会とする

input OKR

O: 冬コミで恥ずかしくないアクタージュ本を出す

K: 一日1画アクタージュの模写をする(トレース、模写の順がよさそう) : 一日一話アクタージュの演出を分析する

でやってみる。

日記 2019/05/16

今日はコードレビューする機会があった。Qiitaにもそういうエントリがあったけど、結構教育に良い気がしたのでちょろっと対象のプロジェクトのコードがわかるようになった時点で新卒とかにやらせるのはよさそうだと思った。

ご飯とか誘われるとホイホイ行ってしまうのだけど、その結果買い物を忘れ続けてしまう。

さて週末どうするかなあ。

日記 2019/05/14

高いお肉をタダで食べられる機会があり、ありがたかった。

お昼は気になっていた代々木駅前の豚汁屋さんに行ったのだけど、そこの豚汁が結構ごま油強めの割と独自解釈っぽい感じの豚汁で期待していたものと少しちがった。不味かったわけではないけど。

原稿は全然進んでいない。。。

日記 2019/05/12

コミティアアイドルマスターのライブにいった。ライブは楽しかったけど流石に一年くらいタイトルから離れてたので、ちょっと心理的な距離を実感した。

明日から原稿をすごい勢いでしないといけない。うーん。

日記 2019/05/11

即売会以前最後のフリーな休日だったけど特に原稿が進まなかった。というか予定が入りすぎてておかしい。良いことではあるんだけど。。。無理しない程度にやりながら折り合いをどのへんにするか考えないといけない。2回落とすのもなーと思いつつ、インターネットが来るのが爆遅だったり、まあ他にも色々理由はあった。とはいえいつだってできない理由はあって、その上で原稿やっていく気概が社会人同人作家には必要なんだろうけど。猛省。

部屋の環境を少し整えた。一番大きいのは多分これ。

液タブへの反射光が眩しかったので。配置がなかなか難しかったのだけど、カーテンレールにうまいことひっかけられてよかった。ただフィギュアとかはやっぱり光の中で見たくて、適宜折りたためるやつだともっとよかったんだけど。まあ位置をずらすことはできるから、それでやってもよいかな。

あと友人からモニタアームを譲ってもらったのだけど、高さがたりなくてとりあえずしまいこんでしまった。もともとなぜ必要だったかというと、キーボードを液タブに下に置きたくて、そうなると液タブをスタンド的なものに置く必要があり、奥のモニターの下の部分が隠れてしまうという問題があったので解決したかったんだけど、アームが思ったより高さ調節できず、結局あんまり変わらない感じだった。結局そのあれこれをきっかけに配置を見直して、今はベストではないけどベターくらいの位置を実現はできた。ただ、この辺りの位置関係については多分大学院寮の時が一番よかったと思う。キーボード用のスライドかもしくは引き出しがやっぱり欲しいなあ。

www.amazon.co.jp

こういうのを買っても良いかもしれない。

日記 2019/05/10

シャニマスの10連が天井まで行ったが目当てのカードは引けなかった。無償石とはいえ初めてこんなに短期間でガチャを回したけど、結果的にかなり戦力は充実したのでよかった。明日からは原稿作業の方に比重を割こうと思う。

偉い人に焼肉を奢ってもらう会があり、よかった。事業の規模から考えるとわりと偉い人間との距離が近いことは今の会社の良いところだと思う。事業に対する大まかな考えは一致していたように思うので、経営(やそれ以外の)判断についてもそれなりに納得が得られるのでは無いかと思う。もちろん今回話をした人が全ての実権を握っているわけではないが。

所属しているSlackで悪い話が盛り上がっていて、まあそういう話は基本的に楽しめる方ではあるのだけど、それを楽しめること自体が他人に悪感情を想起させるケースもありそうだな、と思った。ユーモアを挟めばだいたい許されるやろみたいな気持ちでよく発言してしまうが、実際問題としてそのようなことはなさそう。かといってそれらを無視してまで発言したいと思うほど効用を得ているわけでもないので、もうちょっとスルーくらいがちょうど良い気がしている。

明日からはマジで原稿をやります。