pixivに日頃の文句を言ってきた話(このタイトルは釣りです)

インターンは散々行ったので(このブログを「インターン」で検索してみよう!)もうええかな…という感じだったんですが、ほぼ唯一まともに利用しているwebサービスであるpixivが比較的行きやすい短期のサマーインターンをやるということで

recruit.pixiv.net

行ってきました。配属を希望したのはpixivの投稿体験閲覧コースというやつで、BigQueryを使ってpixivが持つビッグデータ(この言葉ももう死語ですか)を使ってなんやらして投稿者を幸せにしようみたいなやつです。この一年くらいでぼちぼち投稿する感じの利用者になってて色々言いたいこともあったのでちょうどいいじゃん、と。

選考について

Githubのアカウントを貼り付けるだけで選考してもらえるGithub選考というものがあったんですが、特に大したものを作ったりしてなくて間違いなく落とされそうだったので今までやったことを最大限偉そうに書いたgistポートフォリオを送りました。あとで話を聞くとちゃんとpixiv使ってるんだよということをアピールするためにpixivアカウントを書いておいたのが良かったっぽいです。

面接でじゃあちょっとコード書いてみようかみたいなのがあって、特に内容は難しいものではなかったんですけど割りと簡単な演算子とかも適当にirbで確かめながら書いてる人間だったのでビビりました。調べたり確認しながらでも書ければええやろみたいな気持ちでいたんですけど、最低限くらいは覚えとこうと思いました。恥ずかし。

インターンの内容

f:id:lastcat:20170908175250j:plain f:id:lastcat:20170908175301j:plain オフィスの入り口には有名な方が描いた絵馬がたくさんあって面白かったです。

全体のスケジュールは5日間でした。とはいえ初日はチュートリアル、最終日は結果発表なので実質作業できるのが3日くらいだったイメージです。 一応どういうことをやってもらうかという課題は予め決めてもらってたみたい(どういう感じのデータが役に立つか考えてこれからの運営のための可視化画面を作ろう!みたいなやつだったと思います)なんですけど、「あれ…それは結局運営体験向上コースなのでは…ぼくは投稿体験を向上させようと思ってきたんですけど そもそも僕が投稿するときは…」みたいなフリースタイルバトルを初日にかましてしまったせいでいきなり問題児になり、

色々話してもらって結局本人のやりたいことを出来る限りやらせてあげようみたいな方向になりました。度量がありますね。

そういうわけで結局「利用データでの裏付けを用いた投稿者に嬉しい新機能の提案」というまあまあビジネスインターンじみたものになりました。メンターの人には「はっきりとした成果物を残せないかもしれないけど大丈夫…?」と100回くらい確認されて今から思うと「頼む……諦めて通常コースに戻ってくれ…」みたいなニュアンスが感じられなくもないですけど、細かい心の機微がわからない人間なので「大丈夫です!!!」と力強く答えてチームのTrelloにぼくがかんがえたさいきょうのしんきのうを20個くらい書き出すムーブを決めていました。僕が大丈夫でもチームが大丈夫じゃなかった感もありますが、それぞれの案に細かいレビューを返してくれたチームの方々には頭があがりません。

コースのメインコンテンツ(?)だったBigQueryを用いてpixivデータを見るみたいな体験も少しさせていただいたんですが、BigQueryはミスるとマジでヤバイことになるので必要最小限のクエリをメンターの方にチェックしてもらってビクビク投げるみたいな感じだったのでちょっとだけ物足りなかったかもしれないです。とはいえ異常クエリで150万ふっ飛ばしたらマジモンの問題児インターンになってしまうので当然ともいえますが……。過去にぼくの漫画に10点以外をつけたユーザーを特定できないかなとかちょっぴり思ってたんですけどまたの機会ということにします

最終成果発表も周りのみんなが「○○という新機能を完成させました!!すでに本番環境でリリースしてます!」という輝かしい功績を話す中僕だけ

  • <※画像はイメージです>
  • <※あくまで1ユーザーの意見であり、一般性は保証されていません>

みたいな注釈が入り交じったうさんくさい主張を話す感じだったんですけど、内部社員のレビュー受けたアイデアを主張してくるクレーマーという新ジャンルの人種を切り開けたので方向性はともかく爪痕を残すことくらいはできたのかなと思います。

その他とか

f:id:lastcat:20170908181054j:plain

隣の席の机にあった水瀬伊織さんです。これ結構高かった気がするんだけどな……

インターンの内容の他に嬉しかったのが、全社会議というpixiv全体の月一チームごとの成果報告会みたいなものを見せていただけたことです。半年間フルタイムでインターンしていた会社は報告会の間締め出されるという扱いだったなー…(方針は会社それぞれだと思うので全然いいとは思うんですが)pixivがどんなチームに別れてて今どんなことに手を付けてるのか、どれくらい成果が出てるのかが数字で見れてほへーってなりました。まさか(NDA)が(NDA)だったとは……驚きでしたね。ランチや日頃の会話なども一週間程度の滞在のインターン生に対しての態度と思えないほどフレンドリーで、かなり実際に就職したときに近い体験ができたんじゃないかと思います。僕が図々しかっただけかもしれない…僕程度に図々しいとそういう体験ができるかつ、そういう人を許容してくれる会社です、というのが正確な表現ですね。

 まとめ

怒られそうなくらいあれこれ自由に書いてきましたが、それだけ楽しかったということが伝われば幸いです。インターン、社員の方も大変おもしろい方が多くて大変刺激になりました。特にtadsanとかは本当に人間なのかどうか疑ってたりしてたのですが、少なくとも肉体を持っていたことはわかりました。インターンの方も優秀な若者~~~って感じの方々だったのできっとこれからバシバシ名を響かせていくエンジニアになる人たちなんだろうなと思います。最後になりますが、自分のポエムを聞いてくれたり、アイデアについてレビュー、フィードバックを返していただいたメンター、チーム、それ以外の社員の方々本当に有難うございました。

(1000ブクマ到達作品を投稿できたら内定をくださいと打ち上げで言っておいたので(了承はされてない)また頑張って漫画を描かないと……)

こっからのスケジュール

何も外の予定がない日の活動時間を12時間、予定がある日の活動時間を仮に6時間とする

やらないといけないこと

  • おしごと
  • けんきう
  • 創作
    • 漫画表現
    • 出力

今日中に申請まで終わらせてしまうことにする それでお仕事はとりあえず除ける

SES終わるまでSESにそれなりに時間を割く必要がある? 創作をmin(時間、タスク終了)にして残り時間を全部これにあてるか?

  • 絵: 1pトレス? 仮に2h
  • マンガ表現: スクラップ帳的なフォルダを作る?スキャンするといいかも 2h
  • 出力: 1pずつプロット、ネーム変換(ストックあるやつ)3h

これでも7h 残りは研究やら?毎日走って疲れて風呂に入るみたいなことをやろうかなという気持ちだけどどうだろ

24時就寝 8時起床目標で。

時間を決めるか。厳密にやりたい。

  • 絵 9:00 ~ 12:00
  • マンガ表現 14:00 ~ 15:00
  • 出力 17:00~ 20:00

などでやってみる 合間は研究やら飯風呂などで

C92のはんせい

www.pixiv.net

通話でも話したんだけど、良くも悪くも今の自分で一からやるとこういうことになるという本。

次までの課題として

  • 漫画表現

をちゃんと時間を撮って練習することにする。アウトプットの習慣づくりにはなったので、ちゃんとインプットしようという話。

実力そのものは多分去年冬からそこまで成長はしていない。精進しよう。

でもお話づくりはがんばったとおもうよ。

ネームとはなんぞや

ネームを練ろうと思ったけどまずネーム練ったことがないので考えてみる 思考メモ

同じプロットでもネームの良さによって面白さが変わるらしい(伝聞っぽく書いたけど、まあ、変わるだろ) つまりプロットの良さを100%伝えるネームが良いネームと定義できそう プロット以上のものを描くことはできない。プロットの時点で表面に出てなかったものが絵にすることによってあらわれることはあるかもしれないけど、それは言語化されてなかっただけで潜在的にはあったということなのでプロットが不十分だったということにする

まず、ページ割。これがもう感覚でやっててよろしくない。いっそ週刊誌とか、あるいはアニメみたいにページ、尺が決まってれば良いんだけど。自分で先に尺を決めてしまうというのは良さそう。まだ内容に対する尺感が全然身についてないわけだし、それなら尺を先に決定してしまおう。 今回の話は仮に32pとする。当初40pのつもりだったけど、32でもだいぶあるし、まあ詰め込みすぎくらいがちょうどいい。労力に限界あるし。

全体の尺が決まったら、次におおまかなパートごとの尺を決める。これも全く知見がなく今までは前から順に適当にやってただけだった。集合知的な感じでなんとなーくこういうときはこうの気がする、の結果みたいな。そこをなんとかできないか。

うーん、例えば各ページごとに目標を作るとかなのだろうか。印象目標、このページでこういう情報を入れる、こういう印象を残す、など。複数ページにまたがるのにどれくらい対応できるかは謎だけど。大まかなパートごとに最初に割り振る?起承転結があるとして(実際にはそんなお決まりのフレームワークにはならずに内容において適当な数に分割することになるんだろうけど)等しいページ数になるわけでもないだろうし。それよりは感覚で振ってしまって、多いなら減らせそうなとこを減らす。少ないなら必要そうな部分に厚みを増やすという調整をすればよさそう。仮に丁度になったとして通しで読んで配分の再調整が必要なら、また調整するんだろうけど、そこまでできるのかな……

各ページの意図、詰める必要のある情報をまとめてまずそれだけで一つ構成してみる その次に台詞をハメていく 最後にページの中のコマの演出意図と台詞の状況を合わせて絵を作っていく

これでいくか。すくなくとも手順は定義できたので良しとしよう 適宜改善

反省

www.pixiv.net

悪かったこと

  • 作画に時間取るとはなんだったのか 言い訳:6月ありえん忙しかった……
  • 作画どころかプロットにも時間取ってないので台詞が死にすぎて描いてる間も精神を病んでいた 納得できるものを作らないと健康にも悪いということがわかったので、次から脚本後回しみたいなことはしないことにする

良かったこと

  • とりあえず何か出せた これだけで偉い すばらしい 神
  • コピ本によるリスクヘッジ 大変良い決断だった
  • まあまあ見込み通りの売上 配置がお通夜にしては良かったと思う

次回

まあコミケなんだけど 人と話しながら思ったけどコピ本で30部売れるまではコピ本のままで行くというのは良さそうなのでそうする。まあ量かさむとアレだけどそこは要相談で

サークル申し込み、キャラオンリーの集客はあそこまで信頼できないものなのか微妙だけど、どうせみんなそこまで申し込み時点で確定してないし一緒やろと思ったので次からイベント自体に直接参加する ただしタイトルレベルでは分けていいと思ったけどミリオンがやっぱり雰囲気お通夜でちょっと厳しそうだったな MBFのときはまさに自分がそうだったわけだけど やはりメインオンリー以外のオンリーという言葉は信じないということにしたほうがよさそうだ

現時点で夏コミの原稿1mmも手につけてない時点でもはやオフセなんて諦めで、前から構想あるシリアスの前半プレビューみたいなことをやるか、小説だけ書いてあるアレを漫画にするかみたいな感じっぽい

前者のプロット練りながら後者も微妙にネーム切るみたいなことをとりあえず7/10くらいまでやってみるか……?

ちょっと色々アレだったのでこれからしばらくはアウトプットは控えめで、インプットや他タスクにもそれなりに時間取っていくことにする 5thで色々感じたこともあるけどとりあえずメモにして寝かせておく

一日漫画絵か漫画表現のどっちかのやつをやる感じで 

しかしコミケのやつから半年たって、まあ少しは成長した気がするもののアレと今のやつどっちがいい本かと言われれば結構前者っぽい気もするしうーんってなるな すくなくともまだ内容の差を無視できるだけの技量差はついてないっぽい まあせめてコピ本ゾーンからの脱出だけでも今年中に出来ればなー

5月の反省と6月のムーブ

五月にやったこと

  • MBF
  • 総選挙漫画
  • 試験
  • バイト

6月にやること

日課

  • 原稿
    • ネームは今週中
    • 来週から1日1ページペース
  • TOEIC
    • 日課軽く復活(iknow,参考書 ただし参考書はあくまで1pずつ)
    • 直前一週間くらいは詰め込んでみる?
  • インターン
    • とっととエントリーしてしまう
    • とりあえずポートフォリオ的なやつ作らないと
    • 行こうと思ってるところの締め切り確認くらいはしておく
  • けんきう
    • 今月中にテーマ決めれたらいいな
    • 可能なら実装系のものをM1のうちに一個出すみたいなことができればいいけど 優先度は低い

逃げ恥1話

脚本が売られてたのでひゃーありがてーと思って買った。 好きな作品の脚本が丸々手に入ったのは初めてなのでしゃぶり尽くしたい。というわけで1話ずつ読み込んでいくことにする。これはそのメモ。

1話は見れてないので、脚本からの想像になる。まあ大体わかるんだけど。

まず情熱大陸のパロディでみくりの現状を軽く説明するパート。このドラマではテレビ的パロディが多く用いられてるけど、あんまり嫌味というかしつこさを感じない。というのも、それらのシーンがすべて説明を兼ねたシーンになっているからだと思う。連想するのは京アニ作品によくある、説明をかねた心理的アニメーションのシークエンス(氷菓によく用いられてた)。言葉で、「私は今まで~~~な感じでこういうことを考えてて~」とやるのは、まあさらっとやってもいいんだけどどうしても退屈なシーンになりがちなので、ここでパロディをいきなり突っ込んで目を引きつつキャラのバックグラウンドを視聴者になじませるというのは上手い。漫画で同じようなことができるかは難しいけど、説明パートにも面白さを入れるという姿勢は忘れないようにしたい そもそも面白く描こうとしたシーンがちゃんと面白いってすごいんだけどな。

あと、現状のシーンとそれに対する本人の間接的な台詞(この場合は「情熱大陸」へのインタビュー)を連続で切り替えるのは、アニマス天海春香の24話あたりのやつに似てる。この辺もテレビ的演出ではあるんだろうけど、参考にしたい。

雇用契約のシーン。一見突き放したような津崎の台詞からのみくりの予想外のポジティブなリアクションで、みてる側が「あ、こいつ(みくり)もどうやら普通じゃないぞ」となると同時に、この二人の「波長が合っている」という印象を与える。

百合と部下の食事の際に、風見たちが結婚について口論してるシーン。このドラマ自体のテーマである「結婚」を意識させると同時に、登場人物それぞれのスタンスを短い時間で説明している。風見をモブにすることも可能だけど、ここでスマートにできてるの良いな。

再びのみくり情熱大陸シーン。やはり説明を形を変えて表現することで、印象が少し良くなる。

十姉妹のシーン。津崎にもやわらかさみたいなものがあると示すのと、みくりがそれに気づき、好感の芽のようなものが芽生える説明。言葉がないのが良い(この時点でそこまでやるとしつこい)

網戸についての言及。基本的に見てる側は主人公=みくりに感情移入してるので、報われてよかったねってなる。褒め方も、ただ「網戸も掃除してくれたんですね、ありがとうございます」ではなくて「土曜の朝、カーテンを開けたらいつもより部屋が明るくて、なんでかなって思って、ああ、網戸だって、網戸が綺麗なんだって、気が付いて」 「すごく、気分が良くて。ありがとうございました。森山さんに家事をお願いして、良かったなって、思いました」 津崎の若干コミュ障っぽいところと、しかし丁寧に思うままを述べる様が出てるいいセリフの流れだと思う。開幕から積み上げてきたみくりの自己否定感を払拭する台詞が入っているのも良い。

最後の事実婚提案シーン。主婦の年収の提案のところでみくりが金額をいうところでも、「波長が合っている」ということを感じさせる。

カット番号あったのでこれからはそれつけていく。

73 事実婚の同意から二人が初めて共同作業(みくりの荷物を回収する)をするという流れの最後でつがいの十姉妹を映しているのがメタファーが効いている

76 一回のフェイントが微笑ましい。ヘタレっぷりが出てると同時に、両親のミクリの扱いについての態度も表現できている。

77 最後 「妻として正式採用された」ということばのちぐはぐさがこのドラマ全体のおかしさを演出している。 津崎が最初の方で「結婚は自分から最も遠い行為だ」と言っていたのもここの周囲の驚きの伏線になっている

かなり綺麗な1話だと思う。一つの導入の形として学ぶところが多い。特に自分はモノローグに頼り過ぎなところがあるので、参考にしたい。

ついき:原作を買ってみた結果結構ニュアンスに変更が加えられていることがわかった。ドラマの方が割とドラマ要素が強い。津崎が基本目が見えない眼鏡キャラでキャラとしてあまり移入対象にならない(少なくとも現時点では)。ドラマでは星野源が演じるということになってあのようなコミカルなキャラクターに再設定されたんだと思うけど(そもそも漫画的表現をドラマに持ち込めないのでどのようにしても漫画よりは人間要素が強くなりはするだろうけど)、割と漫画だとみくり主体で話が進んでるように感じられた。あと、大きな違いを感じたのが、いわゆるみくりの「小賢しさ」とそれと津崎のウマが妙に合うことでが生まれた「この二人の波長があっている感」が原作ではほとんど前面に出されてなく、本当にただの提案を受けた、みたいな感じになっている。もちろん十姉妹のくだりもないし、網戸のくだりもかなりシンプル。もともと成人女性向け漫画は割と演出薄めに淡々と進む印象があるけど、かなりドラマで肉付けされてたんだなあと思った。脚本の人も、原作は思考実験的な要素が強いと言っているように、あくまで原作は「原作」としての存在で、それを「ドラマ」にしたものがあの脚本なのかもしれない。かなり勉強になった。