読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反省

無限に反省しててすごい。ちゃんと活かされてるのか怪しくてただの後悔なんじゃと思わないでもないな。

www.pixiv.net

小説なんか初めて書いたね。絶対書かないと思ってたのに……

以前小説は、絵と違ってパット見で質が測りにくい分、流入は安定しているんじゃないかという予測を立てたことがあった。それが本当かはわからないけど、現実には小説の流入数がそもそもめちゃめちゃ少ない。ジャンルによる気もする(多分それは本当にそう)けど、ミリオンライブの小説に限れば、3,4作品/dayくらいのペースっぽい。

それでこれが一番衝撃だったんだけど、基本的に閲覧数が異常に少ない。デフォルト閲覧数が三桁いくかいかないところにあって、ブクマが10行ったらすごいみたいな世界である。漫画でもミリオン界隈はまだ比較的活発でないけど、本当にほそぼそとしているな、という印象だった(参考までにfgo界隈を除くとめちゃめちゃアクティブだった)

今回小説を描いたのが、とりあえず思いついたノリでプロットを書いたら気分が乗ったというのと、今の自分の漫画力ではこの作品を描きたくないという気持ちの折衷案として書いたものなので、まあクラウドに上げたメモのようなものである。なので、評価数は望めなくて全然良い(まあ実際はそりゃ普通に悲しいけど)。

とにかく、まあ多分竜頭蛇尾になってると思うんだけどおよそ四時間くらいかな、でちゃんとお話を書ききれたのはまあ良い。練習として小説を写経した甲斐があった。また続けよう。

昨日上げた、あんまり見られなったな~~~って漫画でさえこの小説に比べればめちゃめちゃ見られてることを考えるともう一回初心に帰る機会にはなったのかもしれない。これからもクラウドメモくらいの気持ちで書くのはいいかな、という気になった。これ反省じゃねえな。

関係ないけど先輩がSSの方でそれなりにコンスタントに成果残しているのを今までしらなくて少しびっくりした。

ついき: 思考法が変わってこれはこれで新鮮なので、月1くらいで書いてもいいような気がしてきた。感覚はクラウドメモで良いので。そういえば文章が欠ける人間にもなりたかったんだったな…… それはそれとして、おそらく二次創作SSとしてはあまり適切なものではない形を目指すことになりそうだけど(それ自体が苦手なので)、そのへんは理想と現実との折り合いで適宜調整することにしたい。

内容

全く中身の反省をしていなかった。ダラダラ書いていく。

  • 開幕訴求力が無い

最初から結構だらだらと作品を知っている人には割と自明な説明が続いている。SSも漫画も根本は変わりなく、常に「そこで閲覧を切られないか」ということは考えないといけないことで、さっさとこの話がどういう雰囲気の話なのか、みたいなのは出してもいい気がする。それか、自然な文章を紡ぐか(読者はキャラクターコンテンツを摂取しに来ているのだ、という考えに基づくと後者は次善の策でしかないけど、あんまりそういう文章を書きたくないので個人的にはそっちに寄せたい)

  • 描写がまだまだ少ない

以前と比べればおお、文章になっているというだけで感動したけど、まだまだ心情の描写のみで光景描写が足りて無く、書いてる側が脳内で収めてしまっているだけになる。あとで読み返すとわかることなので、これは推敲時間を設けることによってある程度は解決しそうな気もする 月一感覚なら焦ることもないのでできそう?(漫画はさっさとあげたくなってしまうので)

  • 句点が多い

なんでなんだろうね。

  • よく読むとおかしいところがある

推!敲!

しかし描こうとしたテーマというか話自体は良かったと思うんだよなあ……とにかくコツコツ写経を続けて使える表現増やすのと一日くらいは置いて推敲しようねという落ちになるんだった。漫画と一緒やんけ!(そりゃそうだ)