読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・新刊の反省

はじめに

BOOTHで電子版の販売を行っています。また、原稿のモアレがちょっとひどかったので、イベントで購入された方にはあとがきの一部をパスワードに電子版の無料提供を行っています。希望の方は下のツイートの各種リンクを参照ください。また、直接の知り合いの人は声かけてくれたらデータあげますので、お気軽に。

反省

頒布数

30 + 予備2部が最初にあって、見本1部提出して12部残ったので、実売19部ということになる。この中で、実質身内に配った分や全回収の人に頒布したのが合計7冊と見ているので実質的に売れたのは12部と考えることができる。思ったより売れたという気持ちもあるし、でもイベントの動員的にはもっと売れると思ってた気持ちもある。

感触

まず、島。サークルカットがかな子になっていたのでてっきりかな子ゾーンに置かれると思っていたが、そうでもなかったような気もする。しかし、杏、もしくはアナスタシアゾーンに置かれていればもう少し手に取られた数は多かったかもしれない(ただでさえ目を引く工夫が殆どなかったのだから。後述。)。この問題は常にネタをストックしておいて、申込み時点でちゃんと本の内容を確定させておくというので解決しうる。もちろん、特に夏=>冬の申込期間はほぼないようなものであり、この期間内でネームまで完成させることは不可能に近い。よって、常にイベント一つ分先回りして本を作っていくくらいの姿勢が必要だろう(あくまで理想論である)。

次に本自体を見ての感想。まず、モアレがひどかった。おそらくトーンを貼った後に原稿サイズを変更したのが原因と思われる。次からは気をつけたいが、印刷所の人も教えてほしかった。もしそれ以外の原因であんまりきれいに出ない印刷所なら、乗り換えも検討かも知れない。値段は安くていいところなんだけど。

紙種。柔らかい印象になるかと思ってクリーム色の紙にしたが、多分普通の白にしたほうが良かった。もっともこれはそちらを試してないので想像なんだけど。

表紙など。「愛のままにわがままにダイヤモンドは傷つかない」を見ててA5は小さくないと思ってたんだけど、実際に手に取ったり会場に置いてみるとかなり小さく見えた。

表紙の背景が白かったことは反省した。頒布中も感じていたことけど、訴求力が殆ど無い本だった。白背景はイラストに自身があるなら良いが、そうでない場合にはかなり寂しいことになる。ページ数が少なかったこともあってコピー本とあまりオーラが変わらなかった。次からはB5をメインに考えたほうが良い(もともとそうであるが)。

表紙そのものについても、たしかに内容をよく表したような落ち着きはある絵だったかもしれないが、人の目を引く力は無かった。ただでさえ人気キャラのマイナーカプという、ある意味逆境のような存在だった、その特異さをアピールすべきであった。逆に言うと、手に取った人は殆ど買っていった(というか全員?)記憶がある。

内容については、中の章立てを明確にしたほうが良かったなと思った。なんとなくだけど。あと24pってさすがほぼ下限なだけあって、読んでみるとやっぱりあっという間である。32pくらいは描きたいという気持ちになった。

褒めることとして今のところ一つだけ身内では人の普通の感想が発見された。こんな質の本には破格のフィードバックである。ありがたい。

次回までの課題

反省点もあるし、まだ変えてみたいパラメータもある。

  • コミケではなくアイマスオンリーならどうだろうか?
  • マイナーキャラ(あえてこういう表現をします。それもまた色々なレベルがあるけど)ならどうだろうか?
  • 逆にメジャーカップリングならどうだろうか?

このあたりを色々いじりつつ、本自体の質ももちろん上げていきたい。夏コミに出たい気もするけど、関西でオンリーが参加されるなら魅力的だな。次回イベント参加予定は未定ですが、最低でも年一くらいで本を作りたいなあ。pixivにも適当にあげつつ。後二年でどこまでいけるか。。。