読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/02

久しぶりに更新する。前回のエントリがこれから毎日勉強頑張るぞ、毎日進捗報告するぞエントリでそこから一度も更新しなかったのでウッとなった。特に誰が被害を被るわけでもない挫折なので別にいいんだけど。

最近つぶやきの数が控えめになってきたかな、と思ってたら同窓会で相変わらず異常に多いみたいな扱いをされていて、結構日常の小さい暇を奪われている割にはほとんど何も得ていないなと思ったのでipadからtwitterアプリを追い出した(二日目)。たまにブラウザからmobile.twitter.comは見るんだけどあまりにもユーザー体験が悪い上にそこまでツイートを遡れないのですぐ閉じれて良い。

結局退屈で仕方がない講義中には適当にインターネットサーフィンをしてしまったり(これもう死語なのかな)するんだけど、twitterが本当に単なる暇つぶしなのに対してまだある程度ひとかたまりの情報を得られる分だけマシかな、と思った。今日は松嵜麗というアイドルマスターの声優の一人の過去のブログを読んでいたんだけど、2005年くらいからログが残っていて、当時は駆け出しの養成所で演技を学んでいたことや、学業、アルバイトとの両立のつらさ、それでも夢を追いかけて努力を続ける姿が丁寧に綴られていてとても心を動かされた。twitterはつぶやく行為のコストはすごい低いんだけど、参照性も低いので後からあまり読み返しにくいのと、あまりまとまった考えを残すのには(字数制限的に)向いていない。twitterから少し退いた分だけまた日記を書いていこうと思う。

あと、最近huluで映画を見るのにはまっていて、とりあえず「ショーシャンクの空に」「スタンド・バイ・ミー」「グリーンマイル」の三本をこの一週間くらいで見た。スティーブン・キングという有名な原作者の映画化作品で、かねてから一度は見ておかないとなあと思っていたので。以下、簡単な感想。

  • ショーシャンクの空に 思ってたより劇的ではなかった。でも普通に面白い部類のヒューマンドラマだったと思う。フィガロの結婚を流すシーンが自分には全く響かなかったけど、なんでだろ。話の筋よりは雰囲気を楽しんだという記憶が残った。ただ、最後にレッドが仮釈放面談で話す言葉は結構良かった。自然な、けれどいい台詞でどうやったら書けるんだろうなあ。

  • スタンド・バイ・ミー これも思っていたよりは面白くなかった。少年期の友人関係のニュアンスや、なんともいえないその時期特有の心模様のようなものを上手く捉えているなあ、とは思ったけど。主題歌が聞いたことある有名な歌で、「ああこの歌はこの映画で有名になったのか」と思った。

  • グリーンマイル これはこの3つの中では一番良かった。少しファンタジーが入ったヒューマンドラマみたいな感じなんだけど、そこまで大した設定ではないので、昔の技術でも演出がチープにならずに済んでいる。ネズミのジングルズくんがかわいい。ジョン・コーフィーが処刑前に、夢の内容を語るシーンが一番悲しかった。

映画は高々2hくらいでまとまった内容の話が摂取できるのでとても良い。最近2クールアニメとかを見る体力がなくなってきているのを感じるんだけど、これによってますますそういう傾向が強くなるかもしれない。とはいえ、今までの人生で全然昔の映画とかを見てきていないのでちょっと教養として摂取するかーみたいな気持ちもある。この一本完結の感覚が読み切りというか同人誌的な感じなので、お話を考える際の何かしらのヒントになるかもしれないし。

部誌の記事書かなきゃなあ。