読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み読書感想文 だがしかし

アソシエイト申請が通ったので読書感想文を書き始めることにする。このリンクを踏めばたぶん僕に多少の小銭が入る……ことになるのかな、よくわかってない。そう思って頑張って書くことにする。そもそもほとんど人に見られてないようなブログだけど、それでも同時期に始めた周囲の人と比べてるとまだ生き残ってるのは僕ぐらいのものだから案外長い付き合いになったなあと思う。

さて、内容の前にこの漫画を買った理由なんだけど、単にサンデーで読んで面白かったから……というわけではなく、単純にコトヤマ先生の絵が好きで、物理の形で資料として持っておきたかったというのがある。

今はコトヤマという名前になっているけど、同人時代は「コト」という名前で活動をしてらっしゃった(最初からそうだったかは知らない。僕が知ったのはこの連載が始まる数ヶ月くらい前の話なので)。そしてその活動の中の一つとして以下のような本があった。

www.pixiv.net

これはアイドルマスターの二次創作合同誌で、テーマは冬涼。JUPITERの天ヶ瀬冬馬と、DearyStasの秋月涼の組み合わせ。アイドルマスターの中でもかなりマイナーなカップリングではある。というか、このnogoodlifeさんと、コトさん以外に書いている人を一人しか知らない(サモエドさんという人のこの本くらい。こちらもいい本なので、是非)

元々はこのnogoodlifeさんの過去作品を追っていて、この作品にたどり着いた。僕個人の好みとして厭世的で掠れたような絵柄がとても好みで、しかもいい876を描いていたのですぐにコトさんの方も追いかけたという形になる。その時を見てサンデーの方に投稿かなにかしてフィードバックを受けた、みたいなことがあったので、「もしかしたらもうすぐデビューされるのだろうか」と思ったことを覚えている(これがその作品のようだ)

そこから後、しばらくして出たのがこの「だがしかし」だった。東京に向かう前深夜バスに乗る前の京都駅近くのローソンで一話が掲載されたサンデーを読んだ記憶がある。

しかしながらちょっとクスッとは来たんだけど、正直に言って最初はあんまりいい評価ではなかった。なんでかというと絵こそコトさんのものだったけど、僕が好きだった乾いたような作風というか、擦れた雰囲気のようなものがなく全力でギャグ漫画をしてきたからだ。絵柄的にもそっち(非ギャグ路線)の方が向いてると思うんだけどなあ、と思った。

そういう理由で単行本を買うまでには至ってなかったんだけどなんだか急に絵を持っておきたくなったのでまとめて購入して家で読むと思ってたより面白かった。ギャグマンガって完全にリラックスした状態で読まないとあまり面白さを享受できないというのが結構あると思う。ノリとして、ピューと吹くジャガーが好きな人は好きだと思う。あんまり○○に似てるというのは言われて気持ちがいいものではないと思うんだけど、無礼を承知で何となく似たものを感じた。あくまでノリだけの話。

まずヒロインの枝垂ほたるさんがかわいい。漫画なんてほとんどキャラ目当てで読むものなので、キャラが良ければそれだけでほとんど勝ちみたいなものだと思う。ギャグマンガゆえに、逆に結構いい構図とかポーズが入ったりするんだけど、コト先生の絵でこういう魅力的なキャラが見れるのが幸せ。

次に内容についてだけど、個人的に駄菓子、駄菓子屋さんという内容はちょっと思い出にヒットするものがあった。自分は奈良の片田舎出身なんだけど、学校から少し歩いたようなところに実際に駄菓子屋があって(しかも二つ)、遠足の前日などは学校中の児童がそこに群がっていたような思い出がある。

僕はスナック系のお菓子が好みじゃないので、シゲキックスを買ってたりするようなかわいげがないようなガキだったりしたんだけど、それでもまあ少ない小銭を握りしめてどれを買うかな、と悩んだりした経験はある。 これが同世代の人間すべてが持っているものとは思わないので人によるとは思うんだけど、そういう思い出がある人にとってはいい引き金になると思う。駄菓子そのものに思い出が無くても、その時期の周辺の記憶あたりを想起するきっかけにでも。

ちなみに僕が好きな駄菓子はひもQとそのまんま○○シリーズです(下の奴)。すっぱいブドウにご用心シリーズとは違うんだよな。でも存在としてほとんど同じだから取り上げられなさそう。

リンク文字列のぞいても一応2000字くらい(高校の読書感想文コンクールの制限文字数)に達したらしいので今回はここまで。また読んだ本について暇があればぼちぼち書いていきたい。

余談だけど876作家には好みの人が多い(nogoodlifeさん、サモエドさんともにかなり好きな作家さん)。あとはマッチさんがとても好きなのだけど、最近はWUGやラブライブにご執心のよう。それでもちょくちょく漫画を見れるだけでうれしいんだけど、この頃ちょくちょく876に公式からの日が当たりつつあるのでそれでひょっこり何かかいてくれたりしないかなあ。

おわり。