読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えづき

こう憂鬱なエントリを書いておいて、露語の試験終わったら仮初めの開放感でどことなく気分晴れてるってどれだけ単純なんだ。俺達の試験はまだ始まったばかりなのに……
とあるブログを見て、自分にはインプットが足りてないんだなと感じた。なのに無理やり何か作ろう作ろうとして結局何もできないって感じになってる。
まぁそれでも余程の情熱がアレばどうにかしてしまえるんだろうけど、生憎そんなものはないのでちょっと詰まると「ダルい……」って投げてしまう。このへんがよろしくないんだなぁ
プロダクト以外のお遊び的なコードだったら、オートマトン変換コード(正規表現の変換も実装しようとしたけどまずパースがうまく行かなくて放り投げてる)とC#モナドインターフェース実装コードがそんな感じ。C#はVSの補完コミで成立してるから普通に書くとすごく野暮ったく見えるし、もともと言語として実装されているHaskellらへんと比べると「ウッ」となる。理解的に意義はあるんだけど。
JSで学ぶ関数型プログラミングパラ読みしたけど、なんかあんまり新鮮な内容は無い感じだった。コンパクトだし余裕あったら買っても良かったけどな。自分としては同じゴールに対して関数型とオブジェクト型でどうアプローチが違うのか、というのをコードで示してくれる、みたいなものがあればいいんだけど今のところまだそういう文章は見たこと無い(見落としてるだけ説がかなりあるけど)。なんというか関数型言語って「普通に書いたら関数型プログラミングのコードになる」言語だと思っていて、それでこう「こういう機能、関数、クラスがあってですね~~~ハイできました~~~すごい関数型プログラミングのコードになってます!!!」って言われてもそりゃそうだろ的な気持ちになる。
目下の興味は一応.Netという事になってるのでとりあえずはやいとこプログラミングC#とプログラミング.NetFrameworkを読み通さないと。あとJS周り気になってるけどいつの話になるやら……RubyやらPythonやらのスクリプト言語ひとつくらいそれなりに抑えておきたいという気持ちもあるんだけど、「できるようになっておきたい」では僕は動けないみたいです。無念。