読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年度統括

卒論諮問会の当日で、これが終わればもう自分のできることはそんなになくなる。なので、まあ振り返っておきます。これまでは年末や年始にやってたんだけど、今回はそこからが修羅場始まりという感じだったので少し時期がずれることになった

学業

前期はかなり無駄な時間を過ごしてしまったな……後期はまあ一科目といえどセコセコ頑張ってはいた気がする。けど、4.5年間を見直すといろいろなことが全く身についていなくてこれ大卒名乗って良いのか……(そもそも卒業できるのか、とりあえずできるという前提で話してますが……)ということになってしまった。研究もせっかく興味ある分野を選んだのに、本当に大したことをやってない。

というのも後述する趣味と関連してくる話なんだけど、一番やりたいことがある状態だと、二番目以降のやりたいこと、やらないといけないことがすべて障害になってしまう。同じくらいやりたければ良いんだろうけど、普通はそうはいかない。どうしてもやらないといけないことなら真剣にやって身につくようにした方が良いなんてことは当然理屈ではわかってるんだけど、身につくまでやることととりあえずこなすために必要な労力の差がかなり大きいように思えて、結局一番やりたいことに流れてしまう。それもまあそこまで自分の場合は熱中するわけではない(これでも人生の中では一番熱中してる方なんだけど)。

そのことを後悔しているので大学院の二年間は真面目に勉強しようと思っている。これがどれくらい実現できるかはわからない。モチベーションとしては大学時代に勉強していなかったことを悔いているということが一つ、自分の中の知識などを増やしておくことが趣味の創作にもつながるということがひとつ、あと最も大きいモチベーションとしては奨学金、授業料免除だろう。バイトのつもりで勉強するという考えでとりあえず三ヶ月や半年様子を見てみようと思う。学生は学業が本業なんですよ。

趣味

反面、趣味の創作という側面ではこれまでにない進捗を得られた大きな一年だったと思う。去年の労働から帰ってきてとにかく落書きでもいいから絵を描く、恥ずかしくても漫画を描くということを続けていった結果、まず漫画を描くこと、創作することの心理的コストがかなり下がった。というか家でダラダラしてる以外の空き時間はすべて創作に費やしているという感じで、以前のような決心とかは必要なくなった。どんな実質的な成果物より、この事実がもっとも大きな成果だったと思う。

最初は無理やりネームを割ってセリフを練り切れなかったり、ひどいポエムに無理やり絵をつけたような漫画だったのが、最近では一応なくなくなくはないくらいのものを描けているように思う。コミケで出したものはもちろん先輩の助力もあってだけど、内容自体においては普通の創作物としてコミックマーケットに並んでいてもあまり違和感はないようなものだったと思う。

というわけで次のフェーズに移ろうと思う。去年までは「とにかく描く」の精神でやっていってて、それをクリアしたという前提で「描けばいいというものではない」「ちゃんと練って描く」という段階に移行したい。たとえば脚本、まあほぼセリフについても、キャラ感覚で打っているだけで、今までに良かったセリフについての勉強や、キャラのセリフの写経などまだやれることはたくさんはある。絵については言うまでもないことだけど、画力を置いておいたとしてもコマ割り、構図にちゃんと意図を込めるということをこれからは意識してみたい。先輩に構成を手伝ってもらった時に気付いたことだけど、今までは思いつくようなままにただ描いていただけだった。ちゃんと作品の最後まで練り切るということをやって一つ一つ質量のある作品を出していきたい。絵についてもまた通い直さないといけない。

その他

社会に出たり、研究室のあたりで思ったんだけど、人間関係の構築について課題がある。現在自分は、自然に気が合う人間以外とはほぼ全く関わらないという感じのスタンスになっているんだけど、これは多分あまり効率がよろしくない。そもそも大学では友人作りに失敗したという認識なんだけど(サークルに入っていたおかげでまだ救われたけど)、あるべき論みたいなものはおいておいたとしてそれなりの人間関係を持っていた方が多くのことがスムーズに、効率よく進むのはまぎれもない事実である。

しかしながら、自分はそういう本質的でない人間関係にリソースを割くことを物凄くしんどく感じてしまう。自分のあり方を変えるのもありだけど、そこはあんまり否定したくもないしそうあるべきだ、と思ってるわけでもないので、一人でやっていくならやっていくなりのやり方や頭の中での納得をもっていたい。実際、目に見えていないけど人間関係をしていないことによって守られていた時間やその他の資源というのの恩恵はすでに十分に受けているはずなので。大学院にいってまた新しい関係の中に入ることになると思うんだけど、そういうことを意識しておきたい。

あと、学業以外の技術的な勉強について。これは学業もそうなんだけど、いくら創作の充実を第一にするといってもやっぱり一つのことに対して注げる1日の集中というのは自分の場合限界があって、そこを越えるとほとんどやっていないようなものみたいな効率になる。そして、今年は量もさながら質を重視するという方向にしたので、それなら創作以外のことについても時間はそれなりに割けるのではないか、という認識になった。この三つをうまく回していければ、きっと全ての方向に充実した一年になるんじゃないかと思っているのでそうしたい。「やっておいたほうがよいこと」が「やりたいこと」に勝つのはとても難しいんだけど、強制的に時間をとるようにして、うまくやりたい。新生活が始まった時点でまた詳しく考える。

まとめ

なんだかんだいいつつも2016年はかなり充実した一年だったと思う。昨年感じた色んな教訓を活かして2017年も私が考えるより良き生を送りたい。C92はとりあえずもう申し込んであります。

スタンスのメモ

風呂入りながらぼんやりつぶやいてたらなんとなくまとまったのでメモ代わりに貼っておく

実在感にドキッとするような台詞を書いてみたいものだなー。そういう台詞って決め台詞じゃなくてもすごく輝いてるんだよな……

反省

はしません。

www.pixiv.net

強いて言えばそもそも漫画なんか書いてる場合じゃないときに描いてしまったことが一番ダメと言える。チッ、反省してまーす。

こういうゴミ絵で寒い漫画を勢いで描いてしまうとあとで恥ずかしくなって悔やむのはわかっているんだけど、まあストレス発散のようなものなので仕方がない。自分には寛容に生きていきたい。

しかしまあこんなんでも絵が上手ければ見栄えはするのにな、羨ましいなと思わないこともないんだけど、結局それは本質的な解決じゃないというか絵がうまくてもどうでもいい漫画はどうでもいいので、おとなしくちゃんとした漫画を描こうな。

春休みには去年の一念発起からの成長確認として何か一本描きたい。

ついき:せめてサインペンはやめてえんぴつとかにしよう

ついついき:なぜかけっこう一部にはウケていた。こんなんでも描いてよかったなと思ったのとそれならもっとちゃんと描いとけばよかったな……というのが半々(結果論だけど) だからといって反省点が変わるわけではないんだけど、見てもらえて面白いと言ってくれるのは(それが自分と何も関連がない人ほど)ありがたいな。

真・新刊の反省

はじめに

BOOTHで電子版の販売を行っています。また、原稿のモアレがちょっとひどかったので、イベントで購入された方にはあとがきの一部をパスワードに電子版の無料提供を行っています。希望の方は下のツイートの各種リンクを参照ください。また、直接の知り合いの人は声かけてくれたらデータあげますので、お気軽に。

反省

頒布数

30 + 予備2部が最初にあって、見本1部提出して12部残ったので、実売19部ということになる。この中で、実質身内に配った分や全回収の人に頒布したのが合計7冊と見ているので実質的に売れたのは12部と考えることができる。思ったより売れたという気持ちもあるし、でもイベントの動員的にはもっと売れると思ってた気持ちもある。

感触

まず、島。サークルカットがかな子になっていたのでてっきりかな子ゾーンに置かれると思っていたが、そうでもなかったような気もする。しかし、杏、もしくはアナスタシアゾーンに置かれていればもう少し手に取られた数は多かったかもしれない(ただでさえ目を引く工夫が殆どなかったのだから。後述。)。この問題は常にネタをストックしておいて、申込み時点でちゃんと本の内容を確定させておくというので解決しうる。もちろん、特に夏=>冬の申込期間はほぼないようなものであり、この期間内でネームまで完成させることは不可能に近い。よって、常にイベント一つ分先回りして本を作っていくくらいの姿勢が必要だろう(あくまで理想論である)。

次に本自体を見ての感想。まず、モアレがひどかった。おそらくトーンを貼った後に原稿サイズを変更したのが原因と思われる。次からは気をつけたいが、印刷所の人も教えてほしかった。もしそれ以外の原因であんまりきれいに出ない印刷所なら、乗り換えも検討かも知れない。値段は安くていいところなんだけど。

紙種。柔らかい印象になるかと思ってクリーム色の紙にしたが、多分普通の白にしたほうが良かった。もっともこれはそちらを試してないので想像なんだけど。

表紙など。「愛のままにわがままにダイヤモンドは傷つかない」を見ててA5は小さくないと思ってたんだけど、実際に手に取ったり会場に置いてみるとかなり小さく見えた。

表紙の背景が白かったことは反省した。頒布中も感じていたことけど、訴求力が殆ど無い本だった。白背景はイラストに自身があるなら良いが、そうでない場合にはかなり寂しいことになる。ページ数が少なかったこともあってコピー本とあまりオーラが変わらなかった。次からはB5をメインに考えたほうが良い(もともとそうであるが)。

表紙そのものについても、たしかに内容をよく表したような落ち着きはある絵だったかもしれないが、人の目を引く力は無かった。ただでさえ人気キャラのマイナーカプという、ある意味逆境のような存在だった、その特異さをアピールすべきであった。逆に言うと、手に取った人は殆ど買っていった(というか全員?)記憶がある。

内容については、中の章立てを明確にしたほうが良かったなと思った。なんとなくだけど。あと24pってさすがほぼ下限なだけあって、読んでみるとやっぱりあっという間である。32pくらいは描きたいという気持ちになった。

褒めることとして今のところ一つだけ身内では人の普通の感想が発見された。こんな質の本には破格のフィードバックである。ありがたい。

次回までの課題

反省点もあるし、まだ変えてみたいパラメータもある。

  • コミケではなくアイマスオンリーならどうだろうか?
  • マイナーキャラ(あえてこういう表現をします。それもまた色々なレベルがあるけど)ならどうだろうか?
  • 逆にメジャーカップリングならどうだろうか?

このあたりを色々いじりつつ、本自体の質ももちろん上げていきたい。夏コミに出たい気もするけど、関西でオンリーが参加されるなら魅力的だな。次回イベント参加予定は未定ですが、最低でも年一くらいで本を作りたいなあ。pixivにも適当にあげつつ。後二年でどこまでいけるか。。。

コミケ新刊の反省

とりあえず一段落したので反省しておく。売上とか反応とかのFBは不明なのでそういうところはとりあえず置いておく。

まず、本のサイズは最初に決めておくべきであった。リサイズに手間を食った。

あとやはりページの左右は気にしたほうが良い。もうちょっとノドに余裕を取るべきだった。

製作期間について。今回大幅な協力があったこともあって結局時間が余ることになったわけだけど、この余るというのが曲者だった。研究などのほかにやることもあったということもあるけど、時間に余裕があるし何かやるべきな気がするけどしかしでももう手を尽くす元気がないという状況になっていて、かなり時間を無駄にした。

表紙とかについてできることはもっとあると思うのだけど、自分にはその手段がなかった。まあ原稿についてもそうであるが。あれ以上時間をかけていたとしてもあがるクオリティは微々たるものだっただろうし、判断自体は正しかったといえる。結局絵についてできることを増やすということに終始するのかな……身も蓋もないけど。もっとマンガ原稿形態での模写(練習)を重ねるべきなんだろう。わかりきったことであった。

内容、演出について指摘されたことだけど、各コマ、セリフでの演出意図というものをもっと明確に持っておくべきだった。自分の中に暗黙的にあったとしても、それが伝わらないのではないのと同じだ(正確に伝わなければ価値がないのかという話はまた別であるが)。適切な絵をかけるかはともかく、この時点でどういう心情なのか、どういう印象を読者に伝えたいのかということは意識しておかなければならない。

それくらいかな。それでも、概ね順調に作業できたほうだと思う(時間を湯水のように使ったということもあるが)。ちゃんと本が出そうなのはとても喜ばしい。一冊でも売れて、あわよくば反応があれば嬉しいな、と思う。

12/5

歯医者に行ってデッサン教室に行った。久しぶりに鉛筆を使うのは面白かったけどモチーフが地獄なので辛かった。一ヶ月かかってしまった。あんまり月謝と関連させて考えたくはないな……原稿作業は一応少しの修正をしたが……うーん。表紙案を思いつけたのは良かった。眠くなるまでなるべく手をかけてみる。

12/4

セリフを入れたくらい。ほとんど作業が進まなかった。しかし原稿を手伝ってもらえることが決まったので、きっと良いものに仕上がると思いたい。

Vivid Strikeが結構面白い。ちょっとはんこ絵なにだけが気になる。あと、opの「ストライク」って言ってるところがちょっと取ってつけた感じがある。